FC2ブログ
中年男児の喜怒哀楽
中年オッサンのポンコツ人生・・・ まだまだ捨てたもんじゃない!
プロフィール

中年男児

Author:中年男児
中年オヤジの日常の喜怒哀楽を、思ったままに綴ってます。
よろしければお付き合いを。

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

フリーエリア

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あわただしく・・・
いつの間にやら

10月も後半。

娘の結婚式まで

1ヶ月を切った。

まだ実感が湧いてこないが

何となく落ち着かない。

特に何かをするわけでもないが。

このまま月日が過ぎて

結婚式当日となるのだろう。


先日、兄が祝いを持ってきてくれるということで

当人たちも呼んで、昼食会。

その兄に、

結婚式では乾杯の挨拶を頼んでいるようだ。



(兄貴よ、乾杯の挨拶やからな、
     くれぐれも簡潔に短くやで・・・)





スポンサーサイト
突然に、あっけなく・・・
娘が入籍した。

すでにアパートを借りて
旦那さんは一人で暮らしているが、
娘と言えば
すぐに家を出るわけでもなく、
いつもと変わらない生活が続いていた。

聞くと、
結婚式の準備やら何やらで忙しく、
旦那さんもまだ引っ越した荷物の整理が
出来てないらしく、
生活スペースが無いようだ。

娘も
まだまだ実家で暮らしている方が
楽だったのだろう。
荷物もまだあまりまとめてる気配もなったし・・・
今月いっぱいはいるのだろうと。
逆に旦那さんをいつまでも一人にさせておくのも
いかがなものかと、心配するくらいだった。




その時はあまりに突然で
あっけなかった。

その日は、町内の祭りで、実行委員をやってる私は
朝から準備でバタバタと。


「今日から向こうで暮らします」

(えっ!?)

「あー、そうか、じゃ、気をつけてな」

集合時間が迫ってた私は、
背中で返事をしてそのまま玄関を出て行った。

(突然すぎるやろ・・・、
  なんかもうちょっと言葉もあったのに・・・)



帰宅して、
ガランとした娘の部屋に入る。
いろんな思い出が目に浮かぶ。
涙もポロポロと。
(こんなにも寂しいものか・・・)




いつも娘が仕事から帰ってくる時間。
ショーンも何やら感じたのだろう。
しばらく玄関を見つめて動かなかった。



( ショーン、
   また、お姉ちゃんのところ行こうな。
          
           車で、5分のところやから・・・)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。