fc2ブログ
中年男児の喜怒哀楽
中年オッサンのポンコツ人生・・・ まだまだ捨てたもんじゃない!
プロフィール

中年男児

Author:中年男児
中年オヤジの日常の喜怒哀楽を、思ったままに綴ってます。
よろしければお付き合いを。

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

フリーエリア

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

夏風邪・・・
何年振りだろうか?

夏風邪。

2、3日前から喉が少しイガイガするな・・・と。

寝ている時に、エアコンの風を直接浴びたせいだろう。

これから、のどの痛みも激しくなり、鼻水が出てきて

関節が痛だるくなり、熱が出てきて・・・・

しばらくはつらいだろう。

一晩寝たら良くなるという人がいるが、まことに羨ましい。


しんどいと、少しのことでもイライラしてくる。

今朝も、

コンビニでのど飴を買った。

お釣りの渡し方。

私の広げた掌にレシートを乗せその上に、釣銭を乗せる。

  (小銭を財布に入れ難いやろっ!)

普段ならそれほどは思わないのだが・・・


「何やらは風邪ひかん」と言ったものだが、

私の場合は・・・・・?



スポンサーサイト



コンビニに強盗が・・・
朝が少し過ごしやすい。

「カラッ」としていて、気温もそう高くない。

原チャリに乗っていると、風が冷たいほど。

原チャリ通勤途中で立ち寄るコンビニの一つ、

ファミリーマート。

今朝も立ち寄ろうと。

何やら様子がおかしい。

パトカー数台に、警官数人が駐車場にいる。

駐車場は黄色のKEEP OUTのテープ。

   (強盗か?)

「これは記事になる」と、少し離れたところで原チャリを止め、

鞄からデジカメを取り出そうとしていると・・・

一人の警官がこちらに気づく。

  (やばっ!) 

何がやばいかわからないが、何となく後ろめたいものが。

急いで原チャリをスタートさせる。

停止させられることはなかったが、

バックミラーで確認すると、メモを取っているように見える。

  (ナンバー控えてる? 
           えっ! 俺、容疑者・・・・!?)

・・・・・・・・・・

300mほど行ったところに、ここもよく行くコンビニ「セブンイレブン」がある。

そこに立ち寄り、オーナーと少し話す。

  「あっちのコンビニ、警察いましたよ。」

    「そうですねん。夜中、強盗が入ったらしいですわ!」

  「あー、やっぱり。 物騒ですねー」

    「ほんま、他人事やないですわ。」

  ・・・・・・・・

少し考える。

控えたナンバーから、家にもし警官が来たら・・・

夜中の強盗。

もちろん熟睡しているが、

家の1Fで一人で寝ている。

家族の者とは一度も顔を合わさない。

抜け出してもわからないかも・・・・

  (アリバイが無いっ!?)

奥さんや子供たち、ちゃんと証明してくれるだろうか・・・・?




ゲーセンの景品・・・
息子が高校生になって初めての夏休み。

新しい友達もできて、遊びにも出かけてるようだ。

昨日も、川へ泳ぎに行って、帰りはゲーセン。

息子が小さい時はよくゲームセンターに連れて行った。

  (外ばかりで遊ばせるのは、こちらが疲れるので・・・)

いろいろな景品を息子のためにゲットしてやる。

  「お父さん、すごーい!」と思われてただろう。

その息子が、

 「ビールにつまみに」と、 ビッグカツと取ってきてくれた。



気持ちがうれしい。

     「簡単に取れたか?」

  「うん。 小さい頃からよく連れてってもらって、
                   コツは知ってるからな!」

     「ほう! 覚えてるか! 何かいくらいで取れた?」

  「うーん、3回くらいかな。」


もうすぐわかるわろう。

ふつうに駄菓子屋で買った方が安いって。。。




暑気払い・・・
’暑気払い’

暑い夏に冷たい食べ物や体を冷やす効果のある食品、

また体を冷やす効能のある漢方や薬などで、

体に溜まった熱気を取り除くということで、

「暑さをうち払う」という意味らしい。

今では単に夏場の暑さやストレスを発散する名目としての

宴会や飲み会を指すことが多くなったということ。

  (私はこれが本当の意味だと思っていたが・・・)


今夜、その暑気払い。

先日所長が、「もう忌は明けましたか?」と聞いてきた。

    「はい。もうすぐですが・・・」   (ん~、なんや?)

 「じゃー、明けたら、
      そろそろ、一度・・・(飲む仕草で)どうですか?」

    「あー!、 良いですね! 」

「じゃー、準備よろしくね!」

   「はい。」 (えっー!? 俺幹事かよ!)

こんな感じで、幹事を仰せつかった。

所長もいろいろ溜まることがあるのだろう。

それも少しは吹っ切れたか。。。

そういえば、長い間飲み会もしてなかった。

不景気や、不幸があったりとで

何となく自粛ムードもあった。

それも、そろそろ解いてもいいか。


あちこちで、蝉の鳴き声が。

今日も暑くなりそうだ。

ビールが上手いだろうな。。。






気になるニュースから・・・
昨年10~11月に行われた全国高校サッカー選手権滋賀県大会で

誤審が疑われる判定が相次いだとして、

県内の高校サッカー関係者2人が県体育連盟を相手に、

スポーツ仲裁機構に調停を申し立てた。

高校の部活動に関する紛争が機構に

持ち込まれるのは異例だということ。

準決勝で誤審と疑われるような不可解な判定が22例あったという。

他の試合でも同様のことがあったらしい。

この前の、サッカーワールドカップでも、「誤審」と言わざるを得ない

判定がいくつかあった。

2002年日韓W杯ではもっとひどい、あからさまに審判が

買収され八百長とまで言いたくなるような試合もあった。


確かに、

私が高校時代にも感じたことがあった。

準決勝で、相手は何度も全国大会に出場経験のある強豪校。

 (後に日本代表~W杯出場した選手もいた)

奇跡的に、試合終盤まで1-0でリード。

自陣でファールを与えてしまう。

相手の早いリスタート。 しかしオフサイド・・・のはずが、

ノーホイッスル!  (えーっ! うそーっ!?)

同点に追いつかれる。

もちろん、猛抗議。 しかし判定は覆らない。

これでチームの何もかものバランスが崩れ、

延長戦で逆転を許し、試合終了。


協会、大人の都合?

審判は、各学校の監督や先生。協会関係者でもある。

県代表として、全国大会に出場させたいのは、

やはり、名の通った学校。(なのだろう。)

そうは思いたくはないが・・・


試合終了後、

審判がうちの監督に「すみません・・・あれはオフサイドでしたと。。。」

   (遅いわっ!)


今なお、このようなことが行われてるのか・・・?

部活動は教育の一環。

子供たちは正々堂々、一所懸命頑張ってるのだから、

審判は公平性を欠くようなことが無いようにしてもらいたいと、

切に願う。。。



サッカー界のイケメン・・・
サッカーワールドカップもドイツの優勝で幕を閉じ、

少し熱も冷めたような感じだ。

日本と対戦した、コロンビア代表のロドリゲスが

レアル・マドリッドに移籍が決まったようだ。

レアルには、ロナウドがいる。

そのロナウドが今、来日しているよう。

テレビでは「イケメン」出紹介されている。

鍛えられた筋肉もすごい。

  (確かにモテモテやろうなー・・・)

奥さん、

  「私、あの手の顔は苦手やなー・・・ちょっと甘すぎるかなー・・・」

ではどんな顔がタイプ?

  「ドログバ!」

家族全員、「えっーーーーーー!?」 

         (ドログバには失礼だが)

マジですか!? 

  「うん、格好いいやんか!」

まあ、人それぞれですが・・・ (少し半笑・・・)


・・・・・・・・・・・・・

よく考えてみる。

奥さんの結婚した男・・・つまり私。

結婚するための基準はいろいろあるだろうが、

少しは顔の見た目もあるだろう。

   (えっ!? ひょっとして、俺ってドログバ系・・・・?)



四十九日で驚いた・・・
母親の四十九日法要。

忌明。 早いものだ。 
 
   (ちゃんと極楽浄土へ行けただろうか・・・?)

あれは多分・・・別れの挨拶だったのだろう。

少し驚いたことがあった。

兄貴の家で法要を営んだ。

母親が寝起きをしていた部屋。

お坊さんと兄貴が打ち合わせも含めて話をしている間、

他の者は待機。

話も終わり、準備が整い、待機していた皆が部屋に入る。

線香の匂いが立ち込めている。

お坊さんとの挨拶。  「本日はよろしくお願いします」

お経が始る。

と同時に、部屋の天井全体が「ミシッ、ミシッ!!・・・ミシッ!」と

大きな音を立てる。

  (ん!? 地震か?・・・)

皆、身構えたが、家が揺れることはなかった。

  (なんやったんや?)

さすがお坊さん、微動だにせずお経を唱え続けている。

・・・・・・・・・

母親が、最後に何か合図を送ったのだろう・・・と。


そういえば、

うちの奥さんの母親が亡くなった時も、同様のことがあった。

シティーホールで通夜を済ませ、

家に帰ってきて、玄関を開けようとしたら、

電話のベルの音が聞こえる。

急いで中に入ったが、切れてしまった。

誰からだろうと、着信履歴を見たが・・・無い。

  (えーーー! うそーっ!)

次の葬式の日、奥さんの妹にその話をしたら、

同様に履歴のない電話があったそうだ。  (まじかー!)

そして、

葬式を終え、身内だけで晩御飯を食べて、

夜遅く家に着いたとき、またベルの音が。

今度は電話のベルとは少し違う。

家に入り、調べると、母親が愛用していた目ざまし時計。

もう使わない、と箪笥の上に置いておいたのだが。

誰も触るはずがない。

しかも、ベルが鳴っていた時刻、母親が亡くなった時刻だった。  

 (・・・・・・・・ゾーーーーっ!)

後々、皆で話をしたとき

  「挨拶に来たんやろうな・・・」と。


今回は少し驚いたが、前にもそういう経験があったのだ。

前に比べたら、まだそれほど驚くことではないかもしれない。

しかし・・・

法要が始まる前、お坊さんより指摘があった。

仏壇に仏飯が無いと。

兄嫁、急いでご飯を炊きにかかる。

   (時間かかるなー・・・) と思っていると・・・

・・・・・・・

ものの、10~15分くらいで、炊きあがっていた!

圧力鍋炊飯ジャー。

「こんなに早く炊けるの!?」

と、この日、一番、驚いた。。。






チャレンジ・・・
息子が高校になったら辞めようかと思っていた。

何となくタイミングを逃し、今も続けている。

ベネッセの進研ゼミ。

  (高校チャレンジ・・・といったか)

最近、あまり手が付けられてないように思える。

学校の課題、部活、自己啓発、スマホ・・・いろいろ忙しいようだ。

初めは本人がやる気を出して、いうものだから

こちらから「辞めろ」とはなかなか言いにくかったが、

あまり手をつけられていないようなら、と

それに今回の情報流出事件、

辞めるタイミングとしては今かなと思う。


会社の後輩Tの子供も進研ゼミをしてるよう。

小学&中学の子供。

聞くと、ベネッセからお詫びのはがきが来たそうだ。

    (ん!? うちには来てないぞ)

    「へー、 ほな、Tちゃん、情報売られてるな!」

  「そうですねん、でもなんか金券か何かで保証するみたい」

    「ほう!、金券・・・・   マクドの券かな!?」

  「上手いっ 座布団一枚!」

  
しかし、迷惑な話だ。

これに限らず、携帯の迷惑メールも、結局は同じ、

個人情報が売れれてるんだろう。

何かの会員登録で、メールアドレスを登録すると

必ずと言っていいほど、わけわからんところから

迷惑メールが届く。

    「当選、おめでとうございます!  ○○億円」

誰が信用するかっ!

迷惑メールフィルターをしていても最近はそれを抜けて

メールが届く。

  (充電すぐ無くなるやろっ!)

もう、携帯を持たないでいようかとさえ思う。


さて、話は戻って。

息子の勉強の話。

今日、「危険物取扱者」の試験。

初めての国家資格の試験。

自分から考えて、チャレンジするそうだ。

  (こちらの’チャレンジ’の方が値打ちがありそうだ)

今朝は出会えなくて言えなかったが、

   「頑張れよ!」

運動不足・・・
つくづく、運動不足だと思った。

昨日は車を運転して外出。

普段は原チャリが私の足代わりだが、

昨日は車であちこち移動。

オートマチック車なので、手足をそれほど動かすことなく

楽に運転できるはずなのだが・・・

アクセルとブレーキ。基本は右足だけで操作。

踵を床につけて、ここを軸に(踵を離すことなく)

アクセル、ブレーキを繰り返し踏む。

この動作を何回も繰り返したことで、

足の親指から甲~足首~脛にかけて

いわゆる「足がつった」状態に。

しかも運転中。

ブレーキを踏んで停止させようとも、

痛くて思うように、足が動かない。

   (うぉっー! やばい、ヤバイっ!)

・・・・・・・・・・

左足でブレーキを踏んで、なんとか路肩に停車。

  (ふぅ~、  でもこんなんで足つるか~?
            どんだけ運動不足やねん!)

・・・・・・・・・・・

その夜、

エアコンをつけて就寝。

無意識のうちに、伸びをした。

案の定、ふくらはぎがつる。  「ぎゃっー!」

のた打ち回る。 (夜中にうるさいこっちゃ。。。)


ワールドカップのサッカー選手が、足がつって

ピッチに横たわってる姿はなぜか格好いい。

比べて、布団の上でわめいている私の姿は・・・

   (もうちょっと鍛えなアカンな・・・)



送迎で・・・
梅雨明けしたかのようないい天気。

気温も上昇し、真夏日、猛暑日を記録しそう。


娘の仕事帰りは大抵、駅まで迎えに行く。

夜が遅い時もあり、正直しんどい時もある。

たまに、迎えに行けない時は、

バスの時間があるときは、バスで帰ってくる。

無ければタクシーで。

バス停から家までは少し距離がある。

タクシーでは、大抵、中年のおじさんの運転手。

家まではもちろん二人っきり。

中には面白くていいオジサン運転手もいるようだが、

そんな人ばかりじゃないかもしれない。

心配しだしたらキリがないが、

心配しながらも、(毎回迎えに行くのも・・・・・・)

という気持ちもある。


岡山で、小5の女の子が行方不明というニュースを見た。

母親に「迎えに来て」という連絡をしたが、用事で迎えに行けないと。

一人で帰ってる時に行方不明になったということ。

母親の気持ちを考えると、悔やんでも悔やみきれないだろう。

   (まだ、どういう事故か事件かはわからないが・・・)


そういうことを考えると、

やはり送迎は必要なのか。

   (なんか、生活しにくい世の中やなー・・・)



無事に女の子が見つかりますように。。。

  

お札の数え方・・・
先日、遅い賞与が支給された。

使い道はすでに決まっている。

支払いのために引き出しておいた現ナマ。

 (長期間、通帳に滞在してくれたことはない・・・)


今朝、私が不器用な手で数えていると、奥さんが、

   「貸してみ! こうすんねん!」

さっさっと、扇型に広げて見せる。



奥さん、元銀行員。

ちまちまと数えてる私を見かねたらしい。

  「おー、さすがやねー!」 と褒める。

  「すごいやろ! まだまだ衰えてへんなー」

と言いながら、札束を返してくる。

  (いやいや、そこまでしたら数えてーな!
       ここで終わったら、タダの自慢だけやん!)

3枚+2枚ずつで、5・10・15・・・と数えていく。

  「へー!、なるほどね!」

・・・・・・・

確認にために、もう一回数えてくれる。

   「お札の下の真ん中を押さえるねん。」

   「あー、そうなんやー」

・・・・・・・・

念のためにもう一回。

  「端押さえるとアカンねん」

  「う、うん・・・・」

・・・・・・・

もう一回?

   (あっ、あの、もうわかりました。
       すみません、もう出勤時間が・・・・・)










気持ちあらたに・・・
おそらく、人生の半分は過ぎたであろう誕生日も過ぎ、

一つ歳をとった自分がいる。

何年も変わらない生き方、考え方。

中学、高校と、まるでスポ根漫画のような

部活動を経験して、

「あのしんどいことを経験してきたのだから、

       大抵のことは我慢できる、頑張れる」という

自分がいた。

  「俺はまだ本気を出していない」
     (こんな映画があったような・・・)

何となく、そんな感じのような自分。

結局、臆病で、小心者で、何もチャレンジしてこなかっただけ。

難しいことは避けて、回り道したりしてきた。


考えを少し変えてみないと、と思う。

残された時間、あとどれくらいかわからないが、

精一杯、頑張らねば!



そうそう、変えるといえば、

まずは運転免許証の更新に行かなくては!

          時間が、あと一か月しかない・・・・



誕生日・・・
小学生の頃、

誕生日会というものをやっていた。

友達の誕生日に、家に招待される。

自分の誕生日にも友達を招待した。


もちろん、プレゼントを持って。

文房具を渡すのが多かったような。

ちょっといかしたデザイン。

普段あまり買えないちょっと高いもの。


親同士も、暗黙の了解みたいなものがあったのだろうか?

どこの家も、お昼ご飯に、カレーライスを頂き、

3時にはたくさんのおやつ。

どの誕生会も同じようなものだったが、なぜか飽きることはなかった。


そういえば、娘や息子の時は、どうだっただろうか?

友達招待して誕生日会というものはやってたかな・・・?

あまり記憶がない。

しかし、あったらあったで大変だっただろう。特に奥さんは。

他の家と比べて、劣らず勝らず・・・難しいさじ加減。


7月12日

この日が誕生日というの方は何人くらいいるのだろうか?

その中の一人。

セレブなら、船上パーティーでも開催するのだろうけど、
             (あくまで、イメージです)

もう友達を招待しての誕生日会をやることもなくなった。


節目の日、

セレブな誕生パーティーが開催できるくらいになれるよう、

気合い入れなおして、頑張りますか!



台風は・・・?
台風8号で被害にあわれた地域の方々、

お見舞い申し上げます。


さて、こちらの地域では、

「へっ!? 台風来たん???」というような感じ。

肩透かしもいいところ。 叩き込みを喰らったようだ。

当初の予報では、日本列島を縦断する進路だった。

  (直撃か~・・・) というコースだった。

それが、少し下の方にずれて、

  (直撃はないけど、雨風つよいやろうな~)と。

前日からの台風対策、いつも以上にやったのに・・・


今日は、

DSCF2103_convert_20140711075104.jpg

こんなにいい天気。

しかも週末。

何かいいことあるかな。。


  (そういえば、明日は、誕生日か~
     もう年齢を数えることもなくなった。。。。。)


ヨンミー・・・
4つの味で「ヨンミー」



どなたかのブログで見たことがあって、気になっていた一品。

お目にかかったことがなかったパンであった。

3つの味の「サンミー」は今までに、食したことがある。

たかが菓子パン、されど菓子パン、 案外うまい。


先日、息子とスーパーで買い物している時に初めて目にした。

  「おい、お前ヨンミーって知ってるか?」

  「え? 知らん。」

陳列してあるヨンミーを指さす。

  「おー! ホンマや!」

最後の一個。

買おうか、どうしようか悩んでるうちに

どこかのおば様に持って行かれてしまった。


息子、

部活帰りは大抵友達と寄り道してくる。

その息子が、ヨンミーを見つけて買って帰ってきた。

  「オッ! 買ってきてくれたんか?」

  「うん、オカンにな」

   (えっ!?)

反抗期で、母親にいつも偉そうに言ってる息子が

オカンのために・・・?

 (なんか、取引きがあったか・・・・・?)



発見・・・
(少し見難いが・・・)

発見した!



事務所の前の植え込みに、カラスの巣。

迂闊に近寄ると、攻撃をしてくる。

頭の近くまで、飛んできて威嚇する。

うかうか、外に出れない。。。

   (守衛さんに頼んで、駆除してもらおうか・・・)



ところでこの写真を見て思う。

  (ほんとに台風来るの?)

というくらい、今日はいい天気だ。

これから徐々に、雨風が強くなるのだろうけど。

この台風で、巣が飛んで行けばいいのだが・・・・

 

大型の台風8号、大きな被害が出ることも予想されている。

くれぐれも、身の安全などお気をつけ下さい。




イビキで・・・
週末までは天気は持ちそうか・・・?

今日と明日は息子の体育祭。

初日の今日は、県立陸上競技場で開催。

普段は一般の者があまり使えない場所。

  (うらやましいなー・・・)


その息子から、私に対してクレームが。

  「オヤジ! イビキ、うるさい!」

私が寝ている部屋の真上が息子の部屋。

  「えっ!? 2階まで聞こえてる?」

  「うん、結構な。」

     (まさかっ? そんなにかっ!?)
 
斜め上の部屋の娘にも聞いてみる。

  「うん、聞こえてる。」

     (まじかー!?  どんだけちゃっちぃー家やねん!)

2階の対角線上、つまり私の部屋とは「ねじれの位置」の

部屋で寝てる奥さんにも聞いてみる。

  「あんたのイビキ、うるさいねんっ!!」

(聞こえてるか、聞こえてないかの明確な答えはもらってない・・・)


さらに息子が、

  「イビキが止まって聞こえてない時は、静かでいいねんけど、
        またいきなり始まるから・・・うるさいねん」

・・・・!?

  それって・・・まさか?  無呼吸症候群?

(マジヤバイ・・・・か?)



涙・・・
今週は、大型の台風8号の影響で天気が荒れそうだ。

大きな被害が出なけれいいのだが。


さて、サッカーW杯もベスト4が出そろった。

これまでの熱い戦いがニュースで報道されている。

勝ったチーム、負けたチーム、

勝敗の結果を前にして、涙する選手や監督、コーチたち。

一生懸命取り組んできた結果に、大の大人が、

人前で涙する。

素晴らしい涙だ。 (もらい泣きしそうだ。)


続くニュースでは、

どこかの県議会議員の大泣き記者会見。

世界のニュースでも取り上げられてるとか。。。

  (何とも恥ずかしい・・・)

この議員の涙。

世の中を良くしようと一生懸命やっているというが、

まったく重みが感じられない。

会見を見ていると、こう思ってしまう。

 (ちょっと、おかしいんちゃうかーーーっ、あーー、あはぁぁ~~~っ)










IMG_0487_convert_20150724075818.jpg

コロコロローラーで・・・
名前はよく知らないが、

見た感じで「コロコロ」と呼んでいる。

床のごみやほこりを粘着テープにつけて掃除する道具。

こんなやつ  

     ↓    ↓    ↓


朝、リビングに陽が差し込む。

その差し込んだ光線の中でキラキラ光る、無数の埃。

思わず、「コロコロ」を手に取り、空中の埃を

取ろうとしている自分。

  (コロコロを持って、ネコパンチをしているように見えるだろうか)

そんな私を見ていた奥さん。

  「なんしてんの・・・?」

  「あっ、いやなんでもない・・・・」

さらに娘までもが、

  「お父さん、大丈夫?」


(大丈夫って・・・   結構、きっつい言い方やん・・・)



合羽・・・
昨日はよく雨が降った。

おかげで、帰りは合羽を着て帰ることに。

まったく、原チャリ通勤泣かせである。

結構強い雨。

いくら合羽を着てるとはいえ、靴の中は濡れるし、

袖や首筋からも雨の滴が侵入してくる。

やっと帰宅して、合羽を脱ぎ捨て、服も着替え、

不快感から解放される。 (はあ~~~・・・)


今朝、

雨は止んでいるようだ。

干していた合羽をたたんで袋に仕舞う。

原チャリにまたがり、いざ出勤。

  (んん・・・、ちょっと天気あやしい・・・?)

1kmも進まぬうちに「ぽつ、ぽつ」とヘルメットに水滴が。

  (えーーー、まじかー)

仕方なくコンビニに立ち寄って、軒下できれいにたたんだ

合羽を広げる。

  (せっかく、たたんだのにっ!)

・・・・・・・・・・・・・・・・・

会社に近づくにつれ、雨も小降りに。

  (なんや! 止んできたやん・・・)

駐輪場についたときは、すっかり雨も止んでいた。

DSCF2089_convert_20140704075850.jpg

薄日も射して、青空もところどころ見えている。。。

   (・・・・・ くっそー!)




内視鏡検査で・・・
悪夢のような一日が過ぎた。

内視鏡検査。

あさ8:30から受付を済ませ、下剤の飲み方の説明を受け、

約2時間かけて、2Lの下剤を飲み干す。

検査を受ける人は他に6人ほどおられる。

おじさん、おばさんばかり。 私が一番若いようだ。

特におばさん。 (この時に限らず) 

こういう場ではよく話しかけてくる。

  「お兄ちゃん、カメラは初めてか?」
     
     (お兄ちゃんって・・・俺もおっさんやけど・・・
         まあ、おばちゃんから見たら若いか・・・)

  「私、何回もやってんねんけど、これ(下剤)飲むのがしんどいわ」

     (あ、そうですか・・・別に聞いてないけど・・・)

  「お兄ちゃん、何杯目飲んだ?  私、ちょっとペース遅いかな?」

     (う~~~ん・・・・)

下剤を飲んでるか、喋ってるかで、

挙句は、「看護士さ~ん!、私全然出ーへんねんけど!
                      浣腸せなあかんかなー?」

     (・・・・・・・   大きい声で言わんでも・・・・・・)


・・・・・・・・・・

検査の方は、予想通り、しんどかったが、

見た限りでは、健常者の方と変わりない状態で、

ポリープも無く、生研をする必要もないということ。

  (おー、良かった!)

特に気を付けていることもなく、

逆に不摂生をしていたくらい。

ひょっとしたら、何か悪い結果が出るかもと思っていたが・・・

とにかく良かった。


「この状態を続けていければいいですね!」

と、若い先生が私の肩をポンポンと叩く。  

   (・・・・・・・んんっ?    まあええわ。。。)


このままの状態を続ける・・・・

  (ということは、不摂生を続けていいか・・・・)


(ところで、あのおばさんはちゃんと検査終わったのだろうか・・・?)

内視鏡検査は・・・
今朝はいい天気だというのに、

浮かない顔をしている自分がいる。

いよいよ明日は「内視鏡検査」

 (あー、いやだ、いやだ・・・)

なにが嫌かって、内視鏡検査にかかわるすべてのことが嫌。

もちろんカメラを挿入すること、下剤を飲むこと、

トイレに駈け込まなければならないこと、

そして、なにより前日からの食事制限。

   (いずれにしろ食欲は落ちるが・・・)

前回の検査からだいぶ経つので、

受けなければならないのはわかっているが・・・

前回も忘れもしない。

検査室に入ると、男二人の医師が待ち構えてる。

  「はい、そこの検査台に横になってください。
     横向いてください。
     麻酔のゼリー塗りますね。
     カメラ入れていきますね。。。」

たんたんと、ことが運んでいく。

    (なーんか、ものすごくドライやなー・・・
        患者のケアってないんかいなー・・・)

カメラ入れられて、苦しんでる私に向かって

   「苦しいですか?」
 
      (見てわからんかっ!?)

  「ちょっと我慢してくださいね。」

      (どれくらいっ!?)

  「もうちょっと奥まで行きますね。」

      (もう、いいって・・・!)

・・・・・・・・・・・・・・

限りなく長く感じるこの時間。

  (誰か、頭どついて気絶させてくれへんかなー・・・)